カウンセリングの利点

Just another WordPress site

私が今までに購入したパワーストーンの数は数え切れません。しかしどれだけ沢山購入しても思い出の品として一番深く記憶に残っているのが、小さい頃に母親に購入してもらった大きなパワーストーンです。今思えばパワーストーンを私が集める様になったのも、母親にお願いして購入してもらったという思い出があるからかもしれません。私の母親は忙しい人で、両親が共働きだった為に中々家に居る時間がありませんでした。小学校から家に帰ってきても誰も家にはおらず、自分で家の鍵を開けて、誰も居ない真っ暗な家の中の電気を一人でつける様な生活を過ごしていました。それだけでも私は寂しい思いをしていたのですが、特に寂しかったのがお祭りなどの親子で出掛ける事も多いイベントも、いつも両親が側に居なかった為に親子での思い出がとても少なかったという事です。

しかし私が小学校三年生になった夏の日、その年も母親はお祭りに連れて行ってくれないのだろうなと思っていたら、久しぶりに一緒にお祭りに出掛けようかと母親が言ってくれたのです。それが本当に嬉しくて、思わずリンゴ飴や綿菓子などあれこれ買ってほしいと、お祭り広場まで着く前に沢山おねだりしてしまうほどでした。母親も今までお祭りに連れて行けなかった事を悪く思っていたらしく、いつもならあれこれおねだりしても買ってもらえないのですが、その日はおねだりしたものを殆ど買ってもらえたのも嬉しい思い出の一つです。

しかし私がおねだりしたものは食べ物ばかりだったので、母親が何か思い出に残る物も買っていこうと言ってくれました。そして母親と一緒にお祭り広場の中にある屋台を見て回りながら、母親がこれが言いのではないかと見付けたのがパワーストーンでした。それは雑貨屋さんの屋台で売られていたもので、とても大きくて綺麗な石だったので高いのだろうと思っていたのですが、想像していたよりも安い価格で、このぐらいの大きさならば思い出にも残るだろうと、雑貨屋で売られていたパワーストーンの中でも一番大きな物を手に取ってくれました。そのパワーストーンを私に手渡しながら、パワーストーンというのは願いを込めれば、その願いを叶えてくれる不思議な力を持った石だという事を教えてくれたのです。私は母親がお祭りに連れてきてくれた事が本当に嬉しかったので、来年もまたお祭りに連れてきてほしいなという願いを込めると、その願いがパワーストーンに届いたのか来年もまた母親と一緒にお祭りに来る事が出来ました。その時の思い出が強くて私はパワーストーンを今も集めているのかもしれません。